建設求人の奥義【建設ラッシュに沸く日本で稼げる仕事にズームイン】

男性

現場で働くプロ

得分野で仕事をする

男性

建設の現場というと、肉体派の大変な仕事を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、建設をする際に建てる建築物の設計や施工は肉体労働だけで築けるものではなく、計画的な設計や安全な施工に必要な管理者などの頭脳派の業務も多くあります。実際の求人を見ても肉体的な仕事をする職種だけが求められているわけではなく、知識をベースにした能力を求められている面もあります。ですから、自分の得意分野で建設の仕事に携わることができますし、知識や技術を大いに活かすことができる職場でもあります。

肉体労働以外の仕事

個人の住宅から大型の施工物までたくさんのものを建築している建設の求人では、色んな頭脳派のプロフェッショナルが活躍されています。例えば、放射線取扱者は放射線障害の危険性を防止して安全な施工現場にするための監督をする仕事です。また、道中でもよく見かける測量士は建設業から不動産業まで幅広く活躍している職種で、実際に建設を行う際の現場で地形や距離の確認をし、工事を正確かつ安全に行う為のデータを出すことを職種とします。この他にも芸術性の分野が高い建築物の建設に携わる左官は、建築物の構造において美しさを追求することが仕事です。内壁の塗装などは左官がメインに対応していて専門職として技術性とデザイン性が求められる職種になります。このように、建設の求人はそれぞれの役割に応じて肉体労働以外の能力が求められている現場がたくさんあります。